世界のペルシャ絨毯の価値

世界のペルシャ絨毯の価値

ご存知のように、ペルシャ絨毯、特にハンドメイドラグは販売されており、その価値と品質は高いものです。

このカーペットは、さまざまな種類、柄、デザインで生産されている。

手織りカーペットは、そのデザインや素材によって、次の5種類に区別されます。

ウールとコットンで手織りされたカーペットで、タテ糸とヨコ糸はコットン、パイルはウールです。このカーペットはウールとコットンの組み合わせで構成されている。遊牧民やエイラートの人々は、このカーペットを作る際、コットンではなくウールを主な材料として使用します。
絹の手織り絨毯で、パイルは絹のままの状態です。
手織りで作られたシルクの花柄絨毯。ウールではなくシルクがデザインとエッジに使われ、パイルもシルクであることが多い。一般的にウールカーペットより高価です。
手織りシルクフロアカーペットで、ウールパイルの代わりにシルクパイルを使用したカーペットです。このタイプのカーペットは、ウールカーペットより高価です。
ソフ手織り絨毯。厚地と薄地があり、花や草木をふんだんに使った柄が特徴です。伝統的な技法で手織りされたカーペットです。

 

ペルシャの手織りラグ ペルシャの

 

 

ペルシャの手織りラグ

ペルシャの手織り絨毯とラグにはさまざまなサイズがあり、それぞれ用途に応じた最適なサイズがあります。

ラグの長さは 6 メートルから 9 メートル、12 メートル、24 メートルまであり、正確な長さは使用可能な床面積によって決まります。

サイズもさまざまですが、ラグやカーペットは通常、よりコンパクトなサイズで製造されています。

カーペットの単位は平方メートルで、3×2メートル、2.5×3.5メートル、3×4メートル、6×4メートルの大きさがあります。

ラグは面積が4平方メートル以下のものを指し、2.20メートル×1.40メートル、2.5メートル×1.5メートルといったサイズが多い。

 

9:00~21:00


 

ケラギとは、幅がカーペットよりも狭く、長さや丈が4メートル以下の絨毯のことです。ケラギはそれぞれ1.7×3メートル、3.7×2メートルの大きさで織られるのが一般的です。

また、幅は0.5メートルから1.70メートル、長さは3メートルから10メートル、長いものでは15メートル以上織られているものもあります。カナラとは一般的に階段や廊下に敷かれる絨毯のことを指します。

ザレは1.40m×1.5m、ニムは1.60m×1.10mの大きさの絨毯の名称である。

また、ラグはザラ、チャックと呼ばれ、その標準寸法は1.30メートル×0.80メートルです。

また、面積が1平方メートルを大幅に下回るラグもあります。

パシュティはこれらの絨毯に付けられた名前で、寸法は通常90センチ×60センチです。


国内でどこでも、絨毯販売 や ペルシャ絨毯買取 , 絨毯買取をします。

絨毯専門店として、ペルシャ絨毯買取 絨毯買取 絨毯専門 ヘレケ絨毯買取 絨毯下取り ペルシャ絨毯 アンティーク絨毯買取 シルク絨毯買取 絨毯 買取 じゅうたん買取 中古絨毯買取 汚れた絨毯 じゅたん買取 絨毯 買取 ペルシャ絨毯買取 ペルシア絨毯 買取 クム絨毯 買取 絨毯買取 絨毯販売 ペルシア絨毯買取 絨毯クリーニング ペルシャ絨毯クリーニング ペルシア絨毯買取があれば体調しますので、よろしくお願いします。

freedial-org

ペルシャ絨毯買取なら | 買取実績豊富なペルシャ絨毯買取専門へ

絨毯、又は芸術品インテリア

ペルシャ絨毯を
買取に出したい

ペルシャ絨毯の
価値を知りたい

ペルシャ絨毯を売るならペルシャ絨毯買取専門をお選びください!

売りたいけれど重くて持ち運べないという方は、ぜひペルシャ絨毯買取専門の出張買取をご利用ください。

重いペルシャ絨毯を持ち運ばず楽に売却できます。査定料、出張料などの手数料は無料です!

絨毯に熟知している査定士が多数在籍していますので、安心してペルシャ絨毯買取専門にお任せください。

 

 

産地や年代が不明なペルシャ絨毯も絨毯のプロが査定。
絨毯専門店ならではの目利きで、他店よりも高価買取。
本物か偽物かわからない。産地や工房など詳しいことがわからない。
そのようなペルシャ絨毯でもしっかりと査定させていただき、日本で一番高く買取する保証をします。

そのようなペルシャ絨毯でもしっかりと査定させていただき、日本で一番高く買取する保証をします。

 

ペルシャ絨毯買取.comで買取強化中のペルシャ絨毯

年代や産地、工房、素材などにより様々な種類が存在するペルシャ絨毯。
クム・イスファハン・タブリーズ・ナイン・カーシャンの5大産地のものを買取強化中です。
年代や品質、状態によりますが、上記産地以外のペルシャ絨毯でも、高価買取致します。

クム産

クムの絨毯造りはペルシャ絨毯の中では歴史が浅く、1930年半ばから、カシャーンの指導のもとで始まりました。
近年オールシルクに重点を置き、愛好家垂涎の絨毯を産出しています。新興産地であるため古い産地のデザインや染色技術を巧みに取り入れたり、新人作家や意欲的な工房も多く現れ、創作活動にしのぎを削っています。

イスファハン産

イスファハンは2600年の古い歴史を誇るイラン第二の都市です。16世紀にはサファビー朝の主都が置かれ、シャーアッバース一世は宮廷工房を設け、多くの職人を育成し、精巧な織りと優美な色彩を極めた、ペルシャの中でも群を抜く高級絨毯の世界を築き、今日に至らしめてくれました。またこの時代に建設されたモスクは大変すばらしく、イスラム社会で一番美しい街と評され、世界遺産に登録されています。

タブリーズ産

タブリーズはイランの北西部標高1300mの高原にあり、夏は涼しく、冬は積雪の多い地方です。絨毯の素材となるペルシャ羊の名産地として古くから絨毯産業は盛んでした。タブリーズはイランで最も近代化が進み、工場化した生産現場で徹底した品質管理がなされ、精巧で均質な絨毯を産んでいます。またコーカサスの影響を受けた幾何学模様のデザインが多く、トルコ結びによる強さにも定評があります。

ナイン産

ナインはイスファハン、クムに並んでペルシャ絨毯の人気産地です。1930年代から、羊毛をベースに白い絹でモチーフの輪郭をとって紋様を強調させる手法を打ち出し、一躍脚光を浴びています。色柄も全体的に抑制され、おとなしいのが特徴で“和の心”にも通じるものがあり、邸宅や高級マンションなどにとてもよくマッチします。

カシャーン産

カシャーンは古くからタイルや絹織物など工芸品の産地として栄えていました。絨毯はサファビー朝時代に最盛期を迎え、この時期のカシャーン絨毯は、イランをはじめ各国美術館に所蔵されているものも少なくありません。現代のカシャーンは保守的な地方らしく、特に目新しい発展もせず、かたくなに昔ながらの伝統を守り続けています。

ペルシャ絨毯買取の査定ポイント

ペルシャ絨毯の鑑定・査定のポイントをご紹介。
査定時にこんなところを評価させて頂いております。

産地、サイズ、年代、美しさを確認

ペルシャ絨毯は、産地、サイズ、年代が主な査定のポイントとなります。
5大産地で制作されたペルシャ絨毯は価値が高く、使用されている素材、色の深み、模様、織り込みの密度などによって同じ産地の絨毯でも買取価格は大きく変動してきます。

絨毯の状態を確認

傷や汚れなど作品の状態を確認します。
状態の良い絨毯ほど買取価格は高額になります。汚れや傷などが多いペルシャ絨毯は、残念ながら買取価格が低くなり、状態次第ではお買取できない場合もございます。

 

傷や汚れなど作品の状態を確認します。

 

ペルシャ 絨毯

伝統的なペルシャ絨毯は非常に人気があり、よく知られています。 これが彼らの優れた品質によるものであることは不思議でも、もちろん秘密でもありません。 伝統的な手結び織り、自然な色、細い毛糸は、何世紀もの間ペルシャ(今のイラン)で生産されてきた貴重なペルシャ絨毯の特徴です。 伝統的なパターンやデザインが家に暖かさと心地よさをもたらすために需要に戻ってきました。 また、ペルシャ絨毯は環境と共存しながら発展・持続可能な贅沢を象徴しています。

 

 

ペルシャ絨毯買取 ... 0120-771-797