AREA Chiba

千葉でペルシャ絨毯をスピーディー、一番高く買取します。 まず絨毯を見て査定して、よければその時現金払いします。

freedial1ペルシャ絨毯買取
ペルシャ絨毯ナインペルシャ手織り絨毯ラグ絨毯玄関マット敷物緑色ペルシャイランナインウール絨毯キリム … ギャッベペルシャ絨毯シルクカーペットペルシャキリムなど自宅買取します。
大切にされてこられたペルシャ絨毯を買い取りしております。長年の経験による幅広い分野に精通した鑑定査定士が、ご依頼いただいた品を適正に評価。お客様に信頼・ご満足いただける買取値段をご提示致します。

freedial1

 


 

イラン絨毯の歴史と絨毯織りの歴史

イラン絨毯の歴史は、おそらく多くの異なる語りや研究がなされてきた事例の一つであり、考えとは裏腹に、多くの事例や意見は単なる推測や理論であり、歴史的、時間的 証拠をもって実証できる問題を述べることができます。

freedial1

サファヴィー朝時代のペルシャ絨毯は、その精巧で華麗な色彩とデザインで有名であった。この時代、宮廷の製造所や大規模な工房が設立され、絨毯織りの芸術は最盛期を迎えました。初期のサファヴィー朝カーペットは現存しませんが、後期のサファヴィー朝カーペットは現存しています。15世紀後半の細密画には、ペルシャ絨毯のデザインと織り方にかなりの変化が見られます。単純な直線から、より多くの曲線、大きなメダリオン、花や動物の像、アラベスク、テンドルなど、より精巧なデザインに変わっていったのである。

サファヴィー朝時代、ペルシャ絨毯は非常に巧みに精巧に織られ、特に金銀糸で織られた絹織物はヨーロッパ諸国への贈答品として贈られている。ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されているアルダビル絨毯は、古いペルシャ絨毯の最も優れた例の一つである。また、サファヴィー朝時代には、ケルマン産のヴェーズ技法の絨毯が有名です。

アフシャーリー王朝時代には、首都マシャードが絨毯織りの中心地となり、アフシャーリー王朝時代のデザインやモチーフが生み出された。この絨毯はサイズが大きく、暖色系で、長持ちすることで知られている。カジャール王朝時代にはタブリーズがペルシャ絨毯の近代的な織り方の中心地として知られるようになった。

19世紀後半になると、合成染料や商業的なデザインが古い伝統的な絨毯織りのスタイルに入り込んできました。

1935年、Reza Shah Pahlaviがイラン・カーペット・カンパニーを設立しました。そこで、絨毯産業の輸出は政府の管理下に置かれることになったのです。

freedial1

ショッピングブーストゾーン全国からカーペットを集めています!

ショッピングをサポートするエリアは、

東京神奈川千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、長野、山梨、京都、愛知、静香、新潟、大阪

 

freedial1

ペルシャ絨毯買取 ... 0120-771-797